身体には自分の知らない不調や病気を治す力が備わっています。
この力を発揮させるには、
第1に、「体の歪み」を正すことです。
第2に、「日本民族の食事」を実践することです。
第3に、「正しい運動法」を実践することです。
第4に、常に「感謝の気持ち」をもって生きることを身につけることです。
第5に、現代医療の実態を学ぶことです。
この条件を学びクリアーすれば、身体の不調や病気を克服することができます。 人間にとって、一番の不幸は知識がないということです。
髙橋健康指導センターでは健康を回復するノウハウを懇切丁寧に指導いたします。

センター代表の言葉 仙腸関節調整健康指導家 髙橋純一
➡ YouTube動画ご挨拶

誰も知らない不登校の原因の一つ「不登校を克服した体験談」

もう昔になりますが、ブログなどがなかったので当センターの「便り」に掲載した体験談です。 多くの皆さんに知って頂きたいと思っていましたが、機会がなく、今般「ブログ」を開設したので掲載します。 不登校児童生徒は2018年度では、16万人(文部科…

精神病克服の体験談と克服できない人の違い

「自殺願望」「うつ病」など精神病を克服した症例を紹介します。 気を使い過ぎたり、考え(悩み)過ぎたり、取り越し苦労といった、心の持ち方によるストレスにより精神的に行き詰まると、持って生まれた体質によっては筋肉を緊張させる「交感神経」が過剰にな…

「股関節脱臼の痛みを乗り越える方法」

股関節脱臼とは、股関節を形成している大腿骨の「大腿骨頭」が、はまり込んでいる骨盤の関節(寛骨臼)から脱臼しやすい状態になっていることをいいます。 2番の方の矢印の先が、骨盤の関節窩(かんせつか)といい、骨盤の骨に空洞があり、そこに大腿骨の骨…

足が地につかないフワフワ歩行・動悸・不眠・食欲不振を克服

足が地につかないフワフワとした感じが強く、歩くことが困難、併せて、不眠・食欲不振・動悸に見舞われた、水島さくらさん(64歳)は暗闇の中にいました。 既往症と言えば、58歳ごろから「逆流性食道炎」を発症、薬を服用して症状は落ちついていました。…

自然療法にたどり着くまでの道程

自然療法にたどり着くまでの道程 わたくしの幼少期 私は昭和24年生まれです。 私の母は私を生んだ2年後に「脊椎カリエス」という結核に侵されて、10年以上の闘病生活を経て死の淵から生還しました。 私を生んだときは既に体調が芳しくなかったことは推…

「早ければ早いほど治りは早い」早めの施術で「膝痛」の克服

「早ければ早いほど治りは早い」早めの施術で「膝痛」の克服 骨盤内「仙腸関節」のヅレは、膝の機能を低下させ「膝痛」を引き起こします。 この状態で適切な対応を怠っていると「変形性膝関節症」へと進んでいきます。 適切な対応とは、骨盤の歪みを正すとい…

変形性膝関節症の克服体験談

【変形性膝関節症克服体験談】 山下光子さんは今年八十三歳を迎えました。七年前から膝に痛み(変形性膝関節症)が発現して市内の「総合病院」の整形外科に定期的に通ってきたそうです。 整形外科では今日まで、湿布、ヒアルロン酸の注射、消炎鎮痛剤の服用な…

膝の痛みの原因を考察する

膝関節の痛みは60歳を過ぎるころから、特に女性に多く見られる現象です。 これは、加齢により骨盤周辺の筋肉が疲労しやすくなることから「骨盤」が歪み、膝に不要な負担がかかることで、膝に病的問題が起きてくるからです。 膝痛の本当の原理が分かってい…

新型コロナ禍をのり越える生活―2

新型コロナ禍をのり越える生活―2 日本人でありながら、食品販売促進の「出来合い料理」、或いは、テレビの「お料理番組(肉料理が多い)」、これらには、日本民族の健康維持増進の「思い」を、私は感じませんが、多くの人々は便利さや、目新しさ、に乗せら…

新型コロナ禍をのり越える生き方

新型コロナ禍をのり越える生き方 令和2年2月からの新型コロナウイルスの感染は、平成3年も秋を迎える季節になっても、終息の兆しが見えてきません。 1年と半年以上の移動制限や飲食業の時短制限など、国民も痺れをきたして外出する姿が都市部を中心に増…

椎間板ヘルニアの激痛を克服した症例体験談

椎間板ヘルニアの自然治癒の症例 長野市 大井さん 私は、一年前から不規則な生活が原因で腰を痛めましたが、生活には支障が有りませんでしたので、治療らしいことはしませんでした。 ところが平成12年の11月下旬朝、鍋を持とうとしたら、急に腰が痛くな…

腰痛の真の原因

腰痛の真の原因 「国民生活基礎調査の概況」から、通院者別にみる患者さんの傷病は次の通りです。 千人当たりに見る、腰痛患者は男性では、約41人、女性では約56人で、傷病者数の順位では、男性は第5位、女性は第4位です。 腰痛で悩んでいる方が如何に…